環境保全

「持続可能な社会」の実現に向けて、CO2排出量の削減や廃棄物の
3R「Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル )」などを推進し、
環境にやさしい街づくりに取り組みます。

環境行動指針・環境目標

環境行動指針

環境基本理念

私たちは、サッポログループ環境基本理念とサッポロ不動産開発の経営理念に従い、環境にやさしい街づくりを心がけ、「持続可能な社会」の実現に貢献します。

環境目標

環境基本方針

1.基盤とすること

(1)環境に関する法令を遵守します。

  • 法令を順守した運営・運転を行う。
  • 社員および協力会社社員に環境に関する情報の周知と教育を行い、環境意識の向上につとめる。

(2)環境に関するコミュニケーションにつとめます。

  • 施設内及び周辺地域のクリーンアップ、環境美化活動を継続的に行う。
  • グループ会社間で環境情報の共有をはかる。
  • HP等において環境に関する広報活動の充実をはかる。
  • 社会的な環境保護活動に率先して参加する。
  • 環境に関する適切な情報開示を行う。

2.目指す姿

(1)低炭素社会の実現
地球温暖化防止の取組みを進め、省エネルギー・省資源につとめます。
  • 改正省エネ法、温対法対策の体制を構築し、継続的に取組んでいく。
  • 「東京都温室効果ガス排出総量削減義務」を果たし、CO2のさらなる削減に取組んでいく。
  • 省エネ型設備・機器の研究・更新を継続して進めていく。
  • 再生可能エネルギーの活用も研究する。
  • 省エネ活動に関し、入居テナントの方々との協力を図る。
  • 施設内の緑化を進めていく。
(2)循環型社会の実現
施設から排出されるゴミのリサイクルを推進し、廃棄物の削減につとめます。
  • 循環型社会形成推進基本法の趣旨に則り、各種リサイクル法に沿った分別を実施する。
  • 各施設において、リサイクル率向上、廃棄物の削減につとめる。
(3)自然共生社会の実現
環境負荷の少ない企業活動を行います。
  • 新規開発・リニューアルに関し、環境に配慮した企画設計につとめる。
  • 事務用品等は環境に配慮したものの調達につとめる
  • 生物多様性に配慮した取り組みを進める。

廃棄物のRycycle推進

サッポロ不動産開発では、保有施設である「恵比寿ガーデンプレイス」において、施設内の飲食テナント様から廃棄される食用油を回収し、化石燃料の代替エネルギーであるBDF(※1)としてリサイクルしています。廃食用油の一部は、廃棄物センターの運営会社のBDF工場において原料にとして使用され、高品質(※2)に精製されたBDFは、廃棄物処理を専門に行う一部の車両に使用しています。これからも3Rを推進し、環境に優しいまちづくりに努めていきます。

(※1)BDF(Bio Diesel Fuell)とは、生物由来油からつくられるディーゼルエンジン用燃料の総称であり、バイオマスネルギーの一つです。
(※2)高品質とは、JIS規格(JIS K 2390)及び東京都環境確保条例の規制をクリアしているものです。
(写真はBDFを利用した廃棄物車輌)
廃棄物のRycycle推進

「都市のオアシス」認定

保有施設である「恵比寿ガーデンプレイス」は、公益財団法人 都市緑化機構が主催する「SEGES(シージェス)」の『都市のオアシス』に認定されています。
SEGES(社会・環境貢献緑地評価システム)とは、公益財団法人 都市緑化機構が運営するもので、企業によって創出された良好な緑地と日頃の活動、取り組みを評価し、社会・環境に貢献している、良好に維持されている緑地であると認定する「緑の認定」制度で、その制度には、以下3つのシリーズがあります。

(1)既存緑地版「そだてる緑」(事業者が所有する緑地の優良な保全、創出活動を認定)
(2)都市開発版「つくる緑」(開発、建築に伴う優良な緑地計画を認定)
(3)都市のオアシス「たのしむ緑」(民間事業者が設置もしくは管理している、社会、環境に貢献している緑地で、快適且つ安全な都市緑地を提供する取り組みを認定)
※「恵比寿ガーデンプレイス」が受けている認定は上記(3)です。
「都市のオアシス」認定 「都市のオアシス」認定

「コージェネ大賞」特別賞を受賞

サッポロ不動産開発の子会社である、東京エネルギーサービスは、一般財団法人コージェネレーション・エネルギー高度利用センターが主催する「2016年度コージェネ大賞」において、民生用部門の「特別賞」を受賞しました。

東京エネルギーサービスは、「恵比寿ガーデンプレイス」がオープンした1994年から環境に優しい省エネ型の地域冷暖房事業によるエネルギーの面的利用を推進しており、設備更新時期を迎えた2015年には、災害時の機能維持と環境性向上を目的として、従来のコージェネレーションシステムをガスタービンからガスエンジンに更新するなど、更なる省エネ推進を図るとともに、災害時の熱供給を継続することで、地域のBCP(事業継続計画)対策の強化に取り組みました。

この取り組み、並びに地域への貢献が高く評価され、「コージェネ大賞」特別賞の受賞に至りました。
なお、「コージェネ大賞」とは 新規・先導性、新規技術、省エネルギー性等において、優れたコージェネレーションを表彰することにより、コージェネレーションの社会的認知を図るとともに、より優れたコージェネレーションの普及促進につなげることを目的に、平成24年度より開始された表彰制度です。
「コージェネ大賞」特別賞を受賞 「コージェネ大賞」特別賞を受賞