安全・安心の取り組み

保有施設の安全安心を第一に考え、不動産事業における品質向上とお客様の満足度向上に取り組みます。

震災対策訓練

サッポロ不動産開発では、2011年の東日本大震災以降、大規模な災害をもたらす強い地震を想定した震災対策訓練や、震災時のライフライン寸断などを想定した防災資器材組み立て訓練、また帰宅困難者受入れ訓練など、パートナー企業と連携し、定期的に様々な訓練を実施しています。日頃から繰り返し訓練を行うことで、社員一人一人の防災意識を高めるとともに、実際に被災した際は被害を最小限に止められるよう、被害をより少なく、最小限に減らすという「減災」への取り組みも行っています。これからも将来起こり得る災害に不断の備えで対応していきます。
震災対策訓練 震災対策訓練

自衛消防訓練

サッポロ不動産開発では、万一の災害発生時、初期消火を円滑に行えるよう、防火防災対応力向上を目指して定期的に自衛消防訓練を実施しています。また、保有施設である「恵比寿ガーデンプレイス」においては、毎年、各企業や施設を対象として行われる渋谷消防署主催の「自衛消防訓練審査会」に積極的に参加し、2015年には出場した隊が見事優勝を果たすなど、毎回好成績を収めています。なお、2015年はパートナー企業で組まれた警備隊2隊もそれぞれ優勝、準優勝するなど施設として初の快挙を達成しました。これからも災害に対する意識や対応力向上を目指し、また災害発生時のリスクを最小限に抑えられるよう、定期的に訓練を実施し、「安全・安心なまちづくり」に努めていきます。
自衛消防訓練 自衛消防訓練