CSRについて

CSR基本方針

経営理念、経営ビジョン、行動指針の具現化を通じてお客様にご満足いただくとともに、
社会に対する責任を果たし、企業価値を向上させます。

経営理念 経営ビジョン 行動指針はこちら

サッポログループにおけるCSRの基本的な考え方

1876年の創業時から、サッポログループのDNAは「おいしさ・品質へのこだわり」「フロンティアスピリット」にあります。そして、それらを核にグループ各社がその事業を通じて社会に対する責任を果たすことが「潤いを創造し 豊かさに貢献する」という経営理念の実現につながると考えています。サッポログループのCSRとは、「経営理念、経営方針の具現化を通じて、社会に対する責任を果たし、ステークホルダーの信頼を高め、企業の価値を向上させること」です。

サッポログループ経営理念

『潤いを創造し 豊かさに貢献する』

経営の基本方針

サッポログループは、ステークホルダーの信頼を高める誠実な企業活動を実践し、持続的な企業価値の向上を目指します

サッポログループのCSR基本方針

わたしたちは、いつもお客様に喜んでいただける
企業活動を通じて、
社会に信頼されるグループであり続けます

1876年のサッポログループ創業以来、わたしたちは社会と共生し、お客様の喜びを糧とし、歩んできました。これからもわたしたちサッポログループは、「潤いを創造し 豊かさに貢献する」という経営理念のもと、お客様に喜んでいただける誠実なグループであり続けることによって、企業としての発展を目指すとともに持続可能な社会づくりに貢献してまいります。

サッポログループCSR推進体制

サッポロホールディングスは、サッポログループのCSR経営推進のための全体方針を策定し、グループ内の連携・調整を行うための機関として、代表取締役社長を委員長とする「グループCSR委員会」を設置しています。
サッポロホールディングス コーポレートコミュニケーション部CSR室は、グループ各社のCSR活動推進のための諸施策を立案・実施しているほか、事業会社のCSR担当者との会議を月例で開催し、情報共有と進捗の確認を行っています。

サッポロホールディングス㈱

サッポログループCSR

サッポロホールディングスCSRリンク

サッポロホールディングスCSRレポートリンク